• 2015_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2015_04

ラジコンボートオタクのオヤジ日記

ラジコンボート一筋


今日はJUNK

昨日のテストで、使える目処がついたNovarossiの船外仕様ジャンクですが、このエンジンは興味深いクランクケースなんです。

実はこのケース、ヤフオクで落札品の付属としてついて来たケースで、文字通りジャンク箱に入って数年が経過していました。


このクランクケースは、リヤベアリングに外径25.4mmのNovarossi#16000のベアリングを使うケースで、船外エンジン仕様にするために、必要なバックプレートにTecnopowerのバックプレート外径25.4mmが無加工で使えます。おまけにケースに固定する2.6mmビスのピッチが、Tecnopowerと同寸法で、まさしくボルト・オンで、装着できます。

このケースと同様な形状をしている#16800、25.8mmベアリングを使うケースは、ケース内径は勿論、ネジピッチもTecnopowerとは異なります。


今回、船外化するために逆転のクランクシャフトは、「マリン工房」製のTecno・Novarossi用を用いました。
スリーブは多分、Nova321Pのもので、ピストンは使いやすさからピストンヘッドがフラットなタイプで、多分ロングストロークになったばかりの初期RX21用、#6000だと思います。

こんな手元にあったジャンクパーツから組み上げたエンジンですが、なぜか気に入っています。
インナーヘッドは、現在サーパント Mega21 MS5を加工したターボヘッドですが、より燃焼室が小さく、やや深いアルファ21のライアン仕様のものに変更予定です。

こんなエンジン遊びが私、最近好きになっています。
 


  1. エンジン
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

今日は検証へ

先日、再チャレンジを行うため、空冷ヘッド仕様に加工した「CMB21RS Outboard」のテストに、竜王へ行ってきました。

ますは2月だと言うのに、この水面
こんな日にやらずして、いつやる!と言うような水面です。

ほぼ一日、OB艇の走行に問題の無い、さざなみ程度です。

本題です。使えればSAW用ですので、「PX300SAW」に搭載して行きました。
P1150034.jpg
結果!使えそうです。
今までの不調は圧縮漏れのようです。

異常な振動はリヤ、ドライブシャフトをTecnopower US用に交換してから、問題ないレベルで、一番の問題はトルクでした。
今回空冷ですので、標準の水冷ジャケット、インナーヘッドは使いません。

このCMBは水冷ジャケットは外周のOリングで水密を保ち、かつインナーヘッドを抑えるタイプのものです。
ガスケットを減らし、薄い状態で以前使っていましたが、外周Oリングがあるために十分にインナーヘッドがスリーブに押し付けされておらず、上死点で圧縮が漏れていたようです。それでもプラグは締め付けが出来ていました。

そういえば、同じ症状はNovarossi35Plusでも経験していましたが、このときもガスケットを標準よりも減らしたため、インナーヘッドの外周が、クランクケースと干渉し圧縮が漏れていて、絶不調でしたが、インナーヘッドを加工して解決していました。

SAW用として、使えそうな感じです。

2台目テストは、ジャンク箱から組み立てたNova21Outboardです。
P1150036.jpg

排気タイミングが早いので、やはりコーナーでは辛そうです。
でもSAW用と考えるとOKです。

SAW専用が2台出来ましたが、調整はこれからという感じです。
 
  1. エンジン
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

今日は再チャレンジ・・・

ここ数日、SAW用のエンジンを考えています。
この週末出かけられなかったので、家で作業していました。

1台はジャンク箱からのエントリーで、Novarossi21の321Pをベースに、マリン工房製逆転クランクシャフトを使い、フラットピストン、ターボインナーヘッド仕様で作ってみました。
(画像無しです)

そして、2台目はこれ、CMB21RSです。


さじを投げて1年半、押入れの奥にしまってあったものです。
HTB290に搭載してブレークインをしている時から、異常な振動で悩まされ、クランクシャフトに銅版を半田付けしバランスをとっても変化なし、リヤのドライブシャフトを疑って、TecnopowerのUSシャフトに交換して、振動は収まりましたが、パワー感、トルク感がなく、手に負えないエンジンでした。

nowさんが「普通に使えるエンジンだよ」と聞いていまして、他の方は使えている。私だけ使えない・・・・悔しい・・・・
と言うわけで、軽量な走行抵抗が少ない、コーナーの負荷は考えなくて良い「SAW用なら?」
再登板です。

しかし、同じ仕様ではイマイチ気が乗りませんので、少々変更しました。空冷仕様です。
ヘッドビスが6本で絞めるタイプですので、Nova系、Tecnoなど加工が大掛かりになります。そこで手持ちのエンジンを眺めていたら、OS21XM VerⅡの空冷ヘッドがネジピッチが同じで、2.6mm→3mmへの加工とインナーヘッドの上に乗る加工で良さそうだったので、採用です。

インナーヘッドは純正のノーマルプラグ仕様からターボプラグ仕様としたかったので、6本ネジのターボインナー・・・・・

そうだ!Rossiが・・・・
懐かしいRossi21ピラニアのインナーヘッドがターボ仕様で、6本ネジです。ピッチは違いましたが、ヤスリで長穴にしてOK!

さ~て、トルク感のあるエンジンになったかな?
 
  1. エンジン
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

今日はBとP

SAW用にエンジンが欲しいなぁ~

そんな訳で、比較してみました。
左がTecnopowerXM7、B03用のBです。右がP01、M05のPです。
センター掃気ポート、ん~


サイド掃気ポート、ん~
P1010872.jpg

3つある排気ポート、ん~
P1010871.jpg

良く解りました。私のコメントはなしです。
皆さんは、写真でご判断ください。

重ね重ね、TecnopowerEngineの再販を切に希望いたします。
 
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:11
  4. [ edit ]

今日はホっ!と・・・・・

PX300sawの初走行へ行ってきました。

nowさん艇が非常に調子が良いと聞いていましたので、「同じようにビーンと走るだろうか?」と不安な夜を過ごし、早朝竜王へ・・・・・

本日のセットは、エンジンにOS21RZ-V」、パイプは「Picco081」、ペラは「Aqua40×53」と使い慣れたものを選択して、ヒート艇との違いも調べるのも目的の一つです。

P1150014.jpg


結果「非常に良いです!」
nowさん艇と同じように、水面をまさに「すべる」という印象の走りをします。チョットパワーが落ちているOS21RZですが、結構良く回ってくれて、艇の走行抵抗が少ないので、別のエンジンのようです。

直線走行は100点ですが、コーナーは想像とおり、ヒート艇とは違い苦手でした。
直線走行後、スロットルを下げ速度が落ちる前にダラーを切ると、「曲がりません」、ドリフトします。スポンソンのエッジが水中に入る速度になると、やっと旋回に入ります。

やはり「SAW専用」です。

今後は、ペラの選択、エンジンのハイパワー化、パイプの選択などテストメニューは非常に多いので、楽しみな艇です。

気分良く本日のテストを終えられたので、記念写真をパチリ・・・・・
P1150021.jpg

nowさん、3ケタで「談合」しましょう!

 
  1. ラジコンボート
  2. / trackback:0
  3. / comment:8
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ウォーターバレー

Author:ウォーターバレー
最近、F1タイプのOB艇にハマっています。

住まい: 日本のほぼ中央 
血液型: マイペース型 
年齢: 50歳代後半 
職業: 水商売

« 2015 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR